MTEC協同組合
組合概要
「技能実習生制度」とは
最長で3年間、日本において企業と雇用関係のもと、技術、技能、知識を実践的かつ実務的に学び、習熟する事を目標とした在留資格を法律上で許可した制度です。
技能検定試験について
技能実習生は来日から約10ヶ月目に技能検定試験を受験し、合格すると技能実習2号に移行します。
その後、1年目で習得した技術・技能の習熟を高めます。
技能実習生移行対象職種
技能実習生は、対象となる職種と作業内容が限定されています(全74職種133作業)。
保険などについて
技能実習生は労働者扱いのため、企業の労働保険・社会保険に加入する必要があります。
受け入れ可能な企業の常勤職員総数 技能実習生の人数 最大同時受け入れ可能人数
3人以上50人以下 3人 9人
51人以上100人以下 6人 18人
101人以上200人以下 10人 30人
201人以上300人以下 15人 45人
301人以上 常勤人数×5%以内 常勤人数×15%以内
※常勤職員とは、雇用保険に加入している従業員のことを指します。
MTEC協同組合とは サイトマップアクセスマッププライバシーポリシーお問い合わせ
MTEC協同組合 コピーライト